中々録画したドラマを見る時間を作れず、最近はドラマの1話分を3日くらいかけて観る事が多い私です(*´▽`*;)

今日やっとダメ恋の7話も観終わる事ができたのですが、びっくりな展開でしたねw

話数的にまだまだそう簡単に終わらないだろうなとは思っていましたが、まさかの婚約破棄&破局!最上くんの気持ちを考えると胸が痛いです。。。

女性は愛されて幸せになります。男性は愛する事で幸せを感じます。最上くんとミチコはバランスが良かったハズなんですがね・・・もう三十路って設定のミチコの行動がまるで10代の恋愛のごとく突っ走っている様に見えます。

恋愛偏差値が低いと昌さんにも言われていましたが、追われる恋愛に慣れていなかったのでしょうか。やっぱりタイトル通り「ダメ恋」なのでしょうか・・・(>_<)

今までミチコが恋愛で本当の幸せを掴めなかったのが、追いかけてばかりで尽くしてばかりだったからなのに、同じ失敗をまた繰り返そうとしているのに気づいてるかなあ。

これからミチコがどうなっていくのか、まだまだ気になるところです( *´艸`)💕

では昨日と一昨日の~「ダメ恋」のミチコは実はダメじゃない!彼に結婚したいと思わせる女の法則!~引き続いてお話していきます。

まだ記事を見ていない人はコチラから♪

 

第7話ではびっくりな行動でありましたが、最上くんにプロポーズされるまでの過程は本当に素晴らしかったです✨

昨日の記事では自分の好きな気持ちをひたすら相手に伝えるのではなく、相手に自分の事を好きだと自覚させる事が大切だとお話しましたね。

(昨日の「ドラマ「ダメ恋」のミチコは実はダメじゃない!彼に結婚したいと思わせる女の法則!②」をまだ見ていない人は是非みてね💕)

それもとっても大切ですが、もっと決定的なモノがある!という事で、今日はそれについてお話します。

そしてやっと、ミチコが最上くんからプロポーズの言葉を引き出したヒミツ。「○○していなかった」についてもお話していきます。

 

ミチコはワケあって、主任のお家に住んでいましたね。

毎日楽しそうに(?)嫌味を言い合ったり、時には相手を思いやったアドバイスをかけ合ったり、一緒にご飯を食べたり。

社内恋愛をしていましたが、恋人に現を抜かす事もなくしっかりこなしていました。

女性にありがちなのは恋人ができると友達よりも仕事よりも恋人を優先し過ぎてしまう事ですが、これが良くない結果を招く事は多々あると思います。

そうして恋愛以外の行動にもしっかりとエネルギーを注いでいた事によって恋愛に注ぐエネルギー配分が程よく分散され、恋人の最上くんに依存しすぎなかったことで、良い関係が築けていたと思われます。

 

 

私はあなた一筋です!あなたがいないと生きていけません!結婚してええー!!みたいなガツガツしてしまうと男性は逃げます。ダッシュで逃げます。

プロポーズなんて夢のまた夢です💦

プロポーズされたいのなら、相手をたっぷり愛して、でも安心させ過ぎないこと。

安定を与えるのは結婚が決まった後や、結婚してからでいいのです。

結婚する前から安定してたら、あなたを手に入れたい!って気持ち湧かなくなっちゃうでしょ?

だから、7話の後半で最上くんが「主任さんにやきもちをやいて焦っていました」の様な事をいっていましたよね?

あれがまさに大正解の行動なんです✨

もしもあれがね、主任と一緒に住んでて浮気まがいのことをしていたら別です!付き合っている人がいるのに他の人と二股の様な関係になるのはぜったいにやめましょう!

男性もモテる女を追いかけて手に入れる事に喜びを感じるんですから、やきもち妬かせるのもモテる女子のサービスってことでいいんです♪

 

というわけでまとめると、

相手を愛してあなたを好きだと自覚させてこの人を手に入れたいと思わせて尚且つ100%相手のモノにはならず安心感を与えすぎない事で結婚したい!と思わせる。

このさじ加減が絶妙だった事が、あの素敵なプロポーズを引き出したのでしょう!

ミチコすごい!あなたはダメじゃないよ!と言いたかった所でまさかの展開でしたが(笑)

来週も目が離せませんね~♪

 

ではでは長くなりましたが、ダメ恋ミチコに習う彼に結婚したいと思われる女の法則シリーズはこれでおしまいです!(またドラマの展開次第であるかも?)

読んでいただいてありがとうございました(*^▽^*)💕

これからもますます彼に愛されてモテ女子になってくださいませ♪